椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などの最小侵襲脊椎手術について

筋肉へのダメージが少なく、回復も早い「最小侵襲脊椎手術」

私が行う脊椎手術は、皮膚の切開を最小限に抑え、背筋へのダメージも最小限に抑える最小侵襲脊椎手術です。
最小侵襲手術を行うことにより、術後の痛みが少ないばかりか、術後の回復をより早いものにし、早期の社会復帰を可能にします。

2001年に腰椎椎間板ヘルニアに対して最小侵襲手術を導入

私は2001年から脊椎・脊髄外科の領域に最小侵襲手術の概念を導入し、腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア摘出術、腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術、頚部神経根障害に対する後方除圧術などに対して、様々な最小侵襲手術の技術を応用し、これら良好な手術成績を多数の学会や論文で報告してきました。

診療時間

 
午前
〜PM 1:00
午後 手術 手術 ×

 

■診療時間

平日:AM 8:30〜12:00|PM 2:00〜 6:00
土曜:AM 8:30〜PM 1:00

■休診日

日曜・祝日

 

読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ