• カテゴリ 脊柱管狭窄症 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

脊柱管狭窄症カテゴリのエントリ

 先週は2件の脊椎手術を行いました。2件とも腰部脊柱管狭窄症の中でも椎間孔狭窄と診断した患者さんでした。

 

 そのうちの1件は、私が約5年前に第5腰椎脊椎分離すべり症に対して後方除圧固定術を施行した患者さんです。5年が経過して次第に右下肢痛が出現し当院に再診されました。当初はMRIで軽い程度の第4/5腰椎の脊柱管狭窄症と診断し、保存加療を行っていましたが、まったく下肢痛が軽減せず、そのうち歩行も困難な状況になってきました。その後神経根ブロックなどを駆使して、ようやく右第4/5腰椎椎間孔狭窄と診断しました。初診から約2か月は経過していました。

 手術はやや難易度の高いものとなりました。まず以前手術を施行し金属のボルトを第5腰椎に刺入しているため、右第4/5腰椎の椎間孔の展開がかなり困難であったこと、それに加えてやや肥満気味の中年男性であったこと、などにより手術視野の確保に難渋しました。脊椎の変形も強く、顕微鏡を用いて注意深く右第4腰神経を同定した後に、神経を背側及び尾側から圧迫していた骨棘を切除しました。術後は下肢痛はほとんど消失して良好な術後経過を辿っています。

 

 椎間孔狭窄は、まず診断が難しく、また手術も症例によっては難易度が高いこともあります。しかし、私は、この椎間孔狭窄の診断および手術には、非常に自信があり、かつ得意としています。今までにも、いくつかの病院で軽度の脊柱管狭窄症と言われ続けた頑固な下肢痛患者に対して、外来で椎間孔狭窄の診断を下し、そして顕微鏡視下の手術を施行し下肢痛が消失した患者さんが少なからずいます。

 

 このように、手術までは必要がない程度の腰部脊柱管狭窄症と医者から言われているものの、かなりの下肢痛で日常生活をも不都合を来しているという患者さんは、もしかすると椎間孔狭窄かも知れませんので、一度当院に受診することをお勧めします。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (835)

 最近ハーフマラソンにはまっていて、ここ1か月で3大会に参加し完走しました。タイムはおやじタイムで公開することはできませんが、地道に練習すれば確実にタイムがよくなるスポーツなので、時間をなんとか見つけて練習して、久々のフルマラソンを目指そうかと思っています。

 

 先週は5件の脊椎手術を行いました。腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下除圧術が2件、腰椎椎間板ヘルニアが3件でした。

 

腰部脊柱管狭窄症の患者さんは、画像上、狭窄部位が第11/12胸椎、第2/3, 3/4, 4/5腰椎、第5/1仙椎の5椎間、左右合わせて10か所もの狭窄部位がありました。通常は身体所見や各種ブロック注射などで、手術部位を絞り込んで、多くても6か所程度の除圧を行うのですが、この患者さんは、様々な角度から術前に検討しましたが、いずれも除圧が必要と判断しました。しかし内科的疾患の合併があることから、胸椎病変は後日2期的に手術を行うこととしました。

 

このように腰部脊柱管狭窄症に対する手術は、術前画像所見だけで手術をするのではなく、患者さんの訴えや症状をよく吟味して必要なことろだけを手術することが重要です。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1396)

脊椎固定術:お尻周囲の灼熱感

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2013/11/10 21:57

 前回のブログの更新から16件の脊椎手術を行いました。その内2件は脊椎固定術でした。

 

 70歳台女性の方は、以前から両下肢痛としびれ感に悩み、近医で投薬や注射・リハビリなどの治療をされていました。しかし最近、臀部から会陰部の灼熱感が増悪し歩行が困難な状況に陥ったことから、手術加療を勧められ当院を受診されました。受診時には連続歩行は困難であり、いわゆる間欠はこうを呈していました。この患者さんのように、両臀部から会陰部の灼熱感は馬尾神経障害と言われ、腰部脊柱管狭窄症の症状のなかで重症のものです。この症状が出現するともはや投薬や注射加療では改善の見込みは極めて低く、手術加療が必要となります。

 

 またレントゲン上でも第3/4腰椎間と第4/5腰椎間に著しい「ずれ」を認め、また非常に不安定な状態でした。そこでこの患者さんには2椎間の脊椎固定術(腰椎後方進入椎体間固定術)を施行しました。さらに第2/3腰椎椎間の除圧術も追加しました。

 

 手術は予定通り全く問題なく終了しました。術後から会陰部の灼熱感や重圧感は消失し、また歩行状態もかなり改善したことから、患者さんは非常に喜んでおられます。

 

 この患者さんのようにお尻周囲に灼熱感を感じるようになったら、早いうちに手術加療を考慮することが必要だと思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2686)

先週は4件の脊椎手術を行いました。腰椎変性すべり症が1件、腰部脊柱管狭窄症が2件、腰椎骨化病巣を合併した椎間板ヘルニア1件でした。

 

腰椎変性すべり症の患者さんは、第4腰椎・第5腰椎間で顕著なぐらつきが生じ、そのため、第4腰椎が正常と比較して約25%程度も前方にずれが生じている状態でした。このように「ずれ」が著しく、かつその「ずれ」が体を前後に曲げ伸ばしすることで、レントゲン上、明らかに動きが認められる場合には、腰椎にボルトを入れる、脊椎固定術の適応となります。ボルトをいれることで、この「ずれ」もほとんど矯正することが可能ですし、また不安定は腰椎の異常な動きも制御することができます。この後方進入椎体間固定術は私の得意な手術の一つです。

 

先週の患者さんも、術後のレントゲンで、腰椎の「ずれ」もほぼ矯正され、また術前の下肢痛もなくなり、非常に経過良好です。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1606)

腰椎分離すべり症

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2013/1/27 20:28

 

 昨年は202例の脊椎手術を行わせていただきました。2013年も先日まで12例の手術を行わせていただきました。腰部脊柱管狭窄症7例、腰椎椎間板ヘルニア3例、腰椎隅角解離の後方遺残1例、腰椎分離すべり症1例でした。


腰椎分離すべり症は第5腰椎が青年期に疲労骨折をおこしたことで、年齢とともに第5腰椎が骨盤に対してどんどんお腹側にずれて、その結果、腰神経が圧迫されて下肢痛やしびれ感、腰痛を引き起こす病態です。これに対しては、第5腰椎と骨盤の仙骨に金属を入れることにより、ずれを矯正し神経の圧迫をとる必要があります。またボルトを入れる際には、筋肉を大きく切開すると術後の腰痛の原因となるため、大きく筋肉を切開せず、筋肉の間から背骨に入れることにより、筋肉への侵襲を減らす工夫が必要です。先々週に行った患者さんにもこの方法を用いて、良好なずれの矯正と筋肉を温存することができました。


これからも、安全な脊椎手術を行うことはもちろんですが、背筋への侵襲を最小限にするような術式に取り組んでまいります。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2201)

 

今日から先々週、先週、今週と手術日記を書かせてもらいます。


 

 

 先々週は4件の脊椎手術を行いました。腰椎変性すべり症に対して後方進入椎体間固定術(PLIF)1件、腰部脊柱管狭窄症に対して顕微鏡視下除圧術2件、腰椎椎間孔狭窄に対する除圧術1件でした。


腰椎椎間孔狭窄は、第5腰椎・第1仙椎の間でよく発生する病態です。この病態は、なかなか診断が難しく、特に通常の脊柱管狭窄を合併していたりすると、正確な診断はかなり困難になります。例えて言うなら、川の上流に2つのダムがあったとして、下流の人から見ればどちらのダムがより多くの水をせき止めているのか分からないのと同じようなもので、一本の神経が脊柱管内と椎間孔で2か所で圧迫されていた場合には、どちらが症状を引き起こしている真の病変かの判断がなかなか困難なわけです。この患者さんは幸いなことに脊柱管狭窄を合併していなかったために、画像診断と身体所見から第5腰椎・第1仙椎の椎間孔狭窄症と判断し、手術を施行しました。

 

 手術は、椎間孔狭窄の場合には、通常は外側開窓術を行うのですが、最近の私の試みとして第5腰椎・第1仙椎に限り、内側開窓術で除圧を完了しました。手術時間も1時間程度であり、切開も通常の除圧術と同程度であることから、かなり低侵襲の術式であると考えています。


 

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1963)

 

 先週の手術は 脊椎手術が6件、日帰り手術が4件でした。


 

 脊椎手術は、腰椎変性すべり症に対する後方進入椎体間固定術(PLIF)1件、腰椎椎間板ヘルニアが2件、腰部脊柱管狭窄症が2件、腰椎椎間孔狭窄が1件でした。


 

 日帰り手術は 狭窄性腱鞘炎(通称ばね指)に対して腱鞘切開術を4件行いました。


 

 椎間孔狭窄の症例は、第5腰椎・第1仙椎の部分で発生している症例でした。この部分は解剖学的に椎間孔狭窄が起こりやすく、専門的な記述になりますが、第5腰神経が第5腰椎 / 第1仙椎の椎間板の膨隆と第1仙椎の上関節突起によって、前後方向から圧迫され、さらに第5腰椎椎弓根と第5腰椎 / 第1仙椎の椎間板膨隆によって頭尾側方向からも圧迫されることにより生じることが多くあります。


 

 

 

 この患者さんもまさにこのパターンの神経の圧迫でした。手術は、私が最近行っている、椎間孔除圧術を顕微鏡を用いて行いました。手術時間は1時間、出血量は20ml程度で終了しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2007)

腰椎変性すべり症に対する手術

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2012/10/22 23:07

 

 昨週の脊椎手術は3件でした。腰椎変性すべり症に対する後方進入椎体間固定術(PLIF)、腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下除圧術、腰椎椎間嚢腫に対する嚢腫摘出術、以上の3件でした。


腰椎変性すべり症の患者さんは、術前レントゲン上ではかなり第4腰椎・第5腰椎間がずれており、計測では椎体の25%もずれていました。これだけずれがあると、もはや腰椎に金属を刺入して矯正するしか方法はなく、第4,5腰椎にそれぞれ2本づつ金属のボルトを刺入して、ずれを矯正しました。術後のレントゲンでは、ほぼ完ぺきに腰椎のずれが矯正されていました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2177)

腰部脊柱管狭窄症による便秘症

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2012/9/17 12:20

 先週は4件の脊椎手術がありました。腰椎変性すべり症に対する後方進入椎体間固定術(PLIF)が1例、施腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下除圧術が1例、腰椎椎間板ヘルニア対する内視鏡併用腰椎椎間板ヘルニア摘出術が1例、同じく腰椎椎間板ヘルニア対する直視下ヘルニア摘出術が1例でした。


約3週間前に、両下肢が痺れて10mも連続して歩けない、という80歳後半の腰部脊柱管狭窄症の患者さんに顕微鏡視下除圧術を行いました。術後は、両下肢のしびれ感や痛みが著明に軽減し、かなり歩く距離も伸びて非常に喜んでおられました。

 

 そんな中、術後1週目ごろに早朝回診に伺うと、「先生、実は術前から、便秘症に悩まされていたのですが、術後から、不思議なことに、すっきり出るようになりました!!」と言ってまたまた喜んでおられました。


重度の腰部脊柱管狭窄症の患者さんには、おしっこが出にくいという排尿障害の症状を訴える患者さんが稀におられます。また教科書的には、排便障害も出現する、との記載はよく見られますが、排便障害にスポットライトを当てた報告はあまりありません。私自身も術前の診察で、排尿困難があるかどうかは注意していますが、排便障害があるかどうかにはあまり注意していませんでした。しかしこの患者さんのように、腰の神経が圧迫されて排便障害があることを、再認識させてもらいました。

 

 歩いていると両下肢や臀部が痺れて歩けなくなるような患者さんで、排尿困難や、慢性の便秘を自覚されている患者さんは、腰の神経が圧迫されている可能性がありますので、整形外科に受診されることを強くお勧めします。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9742)

先週の脊椎手術4件 

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2012/6/10 22:23

 

先週は、4件の脊椎手術を行わせて頂きました。
 
腰椎変性すべり症に対する後方進入椎体間固定術(PLIF)1件、腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア摘出術2件、腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア摘出術1件でした。
 
どの症例も術中はなんのトラブルもなく、手術を終了しました。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1907)
読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ