最新エントリー

手根管症候群

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
admin 2011/11/27 21:50

昨日土曜日は、藤田クリニックで外来終了後に日帰り手術を5件行いました。

 

1件目は、近医の開業医先生からご紹介いただいた、指先の骨折です。これは「槌指」と呼ばれている骨折で、指先の第1関節が完全に伸びなくなっている骨折です。これはこのまま装具療法では治癒率が低いため、1㎜程度の針金を指先の骨折部分に通す「石黒法」という固定方法を行いました。

 

2件目は、手根管症候群という、手関節部分で神経が圧迫され、第1~4指までが痺れるという病気の患者さんです。指先のしびれは頸椎病変でも生じることがあるので、的確な診断技術が必要です。大病院では、神経伝達速度測定により確定診断を行いますが、その前にこの疾患と頸椎病変によるしびれの局在、特徴を十分認識していれば、ほとんどそのような大がかりな検査は必要でありません。局所麻酔にて、約3㎝程度の切開にて手術を終了しました。

 

3,4.5件目は、いずれも狭窄性腱鞘炎、通称「ばね指」と言われる病気で、手の指を曲げ伸ばしする時に痛みや、「カクン、カクン」となって曲げづらくなるものです。これは指を曲げる腱の「鞘」が肥厚して、腱の走行を邪魔するために生じます。肥厚した腱鞘を切開して手術終了しました。

 

先週は水曜日の手術日が祝日であったために、脊椎手術は3件のみで、そのかわり、日帰り手術を5件行いました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2269)

スポーツと腰部脊柱管狭窄症

カテゴリ : 
脊柱管狭窄症
執筆 : 
admin 2011/11/27 21:36

 先週の木曜日は外来終了後に、午後7時から腰椎手術を行いました。

 

 術前のMRI画像では、第5腰椎・第1仙椎部分で腰椎ヘルニアによる仙椎神経の圧迫を認め、手術を行いました。神経を確認すると、ヘルニアによる圧迫だけでなく、腰椎関節の張り出しによる神経の圧迫も認め、いわゆる腰部脊柱管狭窄症を呈していました。通常第5腰椎・第1仙椎部分にて脊柱管狭窄症になることは珍しく、高齢であったことから、このような病態を呈していたのだと思います。


 一昨日の金曜日午後は手術日でしたので、1件の腰部脊柱管狭窄症患者を手術しました。壮年男性で、脊柱管狭窄症にしては比較的若い年齢の方でした。野球を若い時から続けられていたそうで、腰の酷使が腰椎椎間関節の変形をきたしたのだろうと思いました。

 

 科学的にはスポーツと腰部脊柱管狭窄症との発症リスクの関連は見出されていません。ただ経験的に、柔道などを少年期から続けられている方には、腰椎のレントゲンを撮影すると、かなり変形がすすんでいるような印象があります。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2084)

ルーペ(拡大鏡)付き眼鏡使用での脊椎手術

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
admin 2011/11/23 22:23

 昨日は、藤田クリニックで終日外来をした後に、夜7時から、他院で脊椎手術を行いました。

 

 やや高齢の腰椎椎間板ヘルニア患者さんでした。ルーペ(拡大鏡)付きのメガネとヘッドライトを装着して手術を行いました。全く問題なく手術を終了しました。

 

 最近、医療系のテレビドラマで、イケメン俳優が手術をするときに、ルーペ(拡大鏡)付きのメガネをかけて手術を行っているのを目にすることと思います。私も脊椎手術で、手術顕微鏡を使用せず、このルーペを使用することもあります。

 

 頸椎を後ろから切開する頸椎椎弓形成術などは、手術顕微鏡では術野が拡大しすぎて逆に危険なことがあります。そのような時に、視野が4倍の大きさに拡大できるルーペ(拡大鏡)付きのメガネをかけて手術を行っています。これで脊髄に対して非常に安全に手術を完遂することができます。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2803)

腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリ : 
椎間板ヘルニア
執筆 : 
admin 2011/11/20 21:31

 金曜日午後は、木島病院での外来業務の前に、1件腰椎手術を行いました。

 

 約2年前に右第3/4腰椎に対して内視鏡機器併用顕微鏡視下椎間板ヘルニア摘出術を施行された患者さんですが、今度は左第3/4腰椎部分からヘルニアが飛び出し、そしてそのヘルニアが頭側に移動して左太ももの激痛が生じていました。

 水曜日に手術を施行した患者さんも、同様なタイプのヘルニアでしたが、脱出したヘルニアは、尾側に移動していました。

 これらのように、ヘルニアが脱出して頭尾側に移動しているタイプのヘルニアを脱出型(sequestrated type)腰椎椎間板ヘルニアといいます。簡単な模式図を下に示します。

 

二人とも、全く問題なく1時間以内に手術を終了しました。今朝もガーゼ交換を行いましたが、術前の激痛はなくなった!!と喜んでおられました。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6270)

 昨日の午後は3件の脊椎手術を行いました。どの手術も私の得意な手術を行いました。

 

 1件目は腰部脊柱管狭窄症の患者さんです。腰椎が変性(老化)して側弯(左右方向に湾曲)になっており、かなり脊柱管が圧迫されていた患者さんです。このような患者さんに、神経を圧迫している腰椎の関節の一部を削りすぎると、一旦は神経の圧迫が解除されて症状が緩和するのですが、時間経過とともに、側弯が進行して、再度、症状が再燃することがあります。

 このような患者さんにこそ、私が学会で発表している片側進入両側除圧術の非常に良い適応となります。この方法では、筋肉へのダメージを最小限にできるばかりか、腰椎の関節を極力温存することが可能で、側弯の進行を防止することができます。

(私が、この術式を施行した100例以上の患者さんの術後成績をまとめた論文が今年掲載されました。

藤田拓也, 他: 腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術. J. Spine Res. 2:1372-1376, 2011)

 

 この患者さんにもこの術式を行いました。1時間程度で終了し、出血量もわずかでした。

 

2例目、3例目は腰椎椎間板ヘルニアに対して内視鏡機器併用椎間板ヘルニア摘出術を施行しました。

どちらも50分程度で、全く問題なく終了しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7533)

術後経過観察について

カテゴリ : 
雑感
執筆 : 
admin 2011/11/16 22:28

今日は水曜日で、午前中は藤田クリニックで外来診療を行い、午後から木島病院に移動して脊椎手術を3件行いました。

 

 午前中には、以前、私が、金沢医科大学や木島病院で脊椎手術を行った患者さんが定期健診に来院されました。どの患者さんも経過良好で、手術を受けてよかったと皆さん喜んでおられました。

 

 私は自分が手術した患者さんは、自分が責任をもって術後も経過観察することを信条としています。やはり執刀医でないと、わからないこともたくさんあり、また執刀医だからこそ、その患者さんの痛みが自分自身の痛みのように感じられるものです。私が手術をした患者さんは、術後リハビリや経過観察のレントゲンなど、当院で責任をもって診察してまいりますので、安心して手術に臨んでいただけるものと思います。

 

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2424)

腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリ : 
椎間板ヘルニア
執筆 : 
admin 2011/11/14 23:34

 先週の金曜日は午後から手術日でした。

 午前中に藤田クリニックで外来をしたのちに、木島病院に移動して2件の手術を行いました。

 

 一例目は高齢の男性で 2件目は逆に少年男性でした。通常、腰椎椎間板ヘルニアは30歳から40歳代の壮年期に多いことから、2例とも比較的稀なケースでした。私は以前、20歳以下の腰椎椎間板ヘルニアの手術成績をまとめて、日本脊椎脊髄病学会に発表しました。詳細は後日このブログで述べることとしますが、結論は、若年者であっても、その手術成績は良好なものであったということです。2件とも全く問題なく手術を終了しました。 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1848)

今日の手術:腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリ : 
椎間板ヘルニア
執筆 : 
admin 2011/11/9 23:14

今日は午後から手術日でした。今日は3件の腰椎手術を行いました。

 

 1件目は右下肢痛(右坐骨神経痛)によって、日常生活が障害されていた女性の患者さんでした。手術日が近づくにつれ、やや症状が軽減したこともあって手術を迷っておられました。しかし、最終的には、椎間板ヘルニアの手術をうけるかどうかは、患者さん本人が決める必要があり、医師が決めるものではありません。したがって現在の痛みがどれだけ日常生活に影響しているのかを基準にして、手術のメリット、デメリットを考慮して、手術をするかどうかを決めなくてはいけません。この患者さんは最終的に手術を決断されました。顕微鏡視下に第4/5腰椎レベルを確認すると、腰椎椎間板ヘルニアだけでなく、腰椎の関節がかなり肥厚しており、この肥厚が右第5腰神経を圧迫しており、いわゆる腰部脊柱管狭窄症の所見がありました。それに加えて大きな腰椎椎間板ヘルニアも合併しており、これだけの所見であれば、やはり患者さんが手術を選択したことは、早期に坐骨神経痛から解放されるためには賢明は選択であったと思いました。手術時間は55分程度かかりました。

 

 2件目も腰椎椎間板ヘルニア症例で、この症例も手術が怖くて、約1ヵ月間ぐらい入院の上で安静加療を行っていましたが、安静時には痛みはないのですが、いざ動き始めるとまた坐骨神経痛が再燃する、ということを繰り返したため、手術を決断されました。手術所見も、軟骨板という硬い成分が混じったヘルニア塊であり、あのまま安静入院だけでは今後も坐骨神経痛は緩和されなかっただろう、と思われました。

 

 3件目は、以前、腰椎破裂骨折に対して後方固定をおこなった患者さんで、骨折も治癒したため、腰椎を留めてあった金属を抜去しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2221)

 腰部脊柱管狭窄症で下肢痛や下肢のしびれ感に悩む患者さんに、いつごろ手術を受けたらいいでしょうか?どうなったら手術を受けなくてはいけませんか?という質問をよく受けます。

 この質問に関しては整形外科関連学会でよく議論がなされていますが、この議論の拠り所になる論文があります。その論文とは手術以外の治療を10年近くにわたりうけた患者さんの長期経過をまとめた論文です。それによると、両下肢のしびれ感が出現し、歩行により両臀部や会陰部にまでしびれ感や疼痛が増悪するような患者さんは、手術以外の治療法の継続では、10年後には症状がほぼ悪化しているという事実が報告されています。

 したがって、症状が、片足でなく両足が痺れて、休み休みでないと臀部や会陰部が痺れて歩けない、といった症状が出現したら、手術が一番最適の治療であり、早期に手術を受けたほうがいいですよ、と説明しています。また機会があったら脊椎外科関連の情報を記載していこうと思っています。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2338)

11月4日(金曜日)は午後から4件の脊椎手術を施行しました。

 

1件目は壮年男性の腰椎椎間板ヘルニア患者さんで、術前、睡眠もままならないほどの激痛でした。この患者さんに内視鏡機器併用顕微鏡視下ヘルニア摘出術を施行しました。指先ほどの傷で(16㎜)で内視鏡機器を腰椎に設置し、顕微鏡を使用してヘルニアを摘出しました。術前の画像で腰ヘルニアが大きいことは確認していましたが、実際確認すると、protrusion typeのヘルニアで、かなり大きなヘルニア塊が摘出できました。このtypeのヘルニアは下記に図示しましたが、神経の圧迫している部分はそれほど出っ張っていませんが、椎間板の中からかなり大きなヘルニア塊が摘出できるといタイプです。手術時間n30分程度、出血量ほぼ0mlで手術終了しました。傷は絆創膏で留めておきました。

 

2件目は壮年男性の再発性腰椎椎間板ヘルニア患者で、3件目は壮年女性の腰椎椎間板ヘルニア患者さんでした。それぞれ顕微鏡視下に手術を終了しました。

 

4件目は老年女性の腰部脊柱管狭窄症患者さんでした。第3/4,4/5腰椎レベルにて両側腰神経が圧迫されていました。圧迫されていた神経を完全に除圧しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3424)
読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ