最新エントリー

胸髄症(胸椎黄色靭帯石灰化による)

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
admin 2012/2/1 23:37

先週の手術日記は、忙しさにかまけて書いておりません。5件ぐらいはあったと思います。

 

今日は、胸髄症のため、歩行困難となった患者さんの手術でした。これは第10/11胸椎間に不安定が生じ、そのため黄色靭帯という組織が、第10/11胸椎間で肥厚し、脊髄を後方から圧迫するという病気です。

 

そのため、肥厚した黄色靭帯を丁寧に切除し、その後第10胸椎から第12胸椎までの不安定性を取り除くために、胸椎スクリューを挿入して、固定しました。

 

脊髄は、肥厚した黄色靭帯でかなり圧迫されておりましたが、癒着を剥離しながら丁寧に靭帯を切除すると、脊髄を覆う硬膜が十分に膨らんでくるのが分かりました

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7032)

 今日は2月1日,県内では私立高校の受験でしたね。今週はずっと雪マークですが,今朝は風も強く大変でしたね。皆さん,無事に会場にたどり着けたでしょうか?

 

 藤田整形外科クリニックにも,このお天気の中,毎日たくさんの方が通院してくださっておられます。(今日はこの天候のせいか少し静かな院内でしたが)

 

 先日,買い物中に「こんにちは」と声をかけられました。毎日のようにリハビリに通院して下さっている患者さんでした。2、3日来院しておられなかったので「どうですか?」とお聞きすると「だいぶよくなったので、もう行かなくてもいいかなと思って」との事でした。「良かったですね」と言わせて頂きながら、痛みのある時でも、明るくニコニコと通院してくださっていた患者さんとお会いできなくなると思うと、少し寂しく思ってしまいましたでもお元気になって、クリニックに来なくても良くなることが、患者さんにとっても、私たちスタッフにとっても嬉しい事なのだと寂しさを隠して笑顔で患者さんを見送らせて頂きました。藤田整形外科を卒業していく患者さんを見送る心境でした。まだまだ寒い日が続きますが、お体を大切になさって下さいね

 

 これからも、一人一人の患者さんの痛みや辛さ、喜びを自分の事のように感じながら、頑張っていこうと思います。

 

                                            医療補助  中本

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1587)

人気グループEXILEのNAOKIが、発達性脊柱管狭窄症のため、近日中に手術を受け、活動を制限する予定だそうです。

別のケガでレントゲン検査をした際に、発達性脊柱管狭窄症が明らかになったそう…。

自覚症状がなく、このような病変がみつかるなんて…怖いですよね

当院にも、自覚症状が軽度で、まさか頚椎が悪いなんて思わずに受診され、診察した結果、頚椎病変が疑われ精密検査したところ、脊柱管狭窄症を認めたという患者さんがいらっしゃいました。

 

当院には、open型のMRIがあり、安心して精密検査を受けて頂けますので、お早めに精密検査を受けられる事をお勧めします。

 

 

受付  長野

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1760)

 

 

  みなさん いかがお過ごしでしょうか?


私たちのクリニックにも、ちまたで大流行中のインフルエンザの波が押し寄せてきました!!
我がリハビリスタッフの中で子供からうつり大変な目にあっているスタッフがいます。ちゃんとインフルエンザの予防注射打ったのに・・・・・なるときはなるのですね・・・
みなさんの周りではどうですか??
やはり、子供と高齢者は気を付けないといけないですね!
よく言われることですが、人が沢山集まる所へは行かないことですね。

 

     

 
藤田整形クリニックに通われている患者さんは、お年寄りの方がたくさんおいでになりますから、イオンに行ってインフルエンザをもらってこないようにしてくださいね

 

                 
医療補助 上田尚子

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1537)

寒い日が続きますね。

カテゴリ : 
スタッフのつぶやき
執筆 : 
admin 2012/1/27 17:32

寒い日が続いていますね。

患者さまも厚着をして来院されています。

MRI検査では、磁石を使用しますので、金属の付いているものは、外して頂いたり、検査着に着替えて頂いております。

この時期、よくあるのが、ホッカイロの持込です。

カイロは鉄の粉が入っているので、入室前にはずしてもらいます。

患者さまに、より良い画像を得るために協力して頂いてます。

 

暖かい日が待ちどうしいですね。

 

 診療放射線技師  上尾 裕子

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1519)

雪だるま注意報

カテゴリ : 
スタッフのつぶやき
執筆 : 
admin 2012/1/22 20:17

こんばんは。今日はとても穏やかな一日でしたね  しかし今朝の新聞をみると、明日から寒波がやってくるということで、雪だるまマークのみ 本格的な冬がやってきます。 最近は路面凍結で転倒し、骨折される患者さんや、車でのスリップ事故で来院される患者さんが少しづつ増えているように感じます。 歩いて来られる患者さん、お車で来られる患者さん、気をつけて来院してくださいね。

 

追伸  午前中よりは午後からのほうが、診察までの待ち時間が短いように思います。お時間が合えば

参考にしてみてくださいね

 

 

 

 

                                         受付 小浦

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1490)

祝1周年 スタッフのつぶやき

カテゴリ : 
スタッフのつぶやき
執筆 : 
admin 2012/1/22 0:06

 今日は1周年記念ということで、お食事会がありました。 

 普段中々スタッフ皆とゆっくり話す時間が無いので、院長はじめスタッフと

 とても貴重で楽しいひと時を過ごせました。

 その中で院長に活気あるリハビリ室をとお話があり、患者さんが少しでも笑顔で帰れるよう

 スムーズにリハビリが出来るよう、自分自身も体力をつけたいと思います。 

 リハビリには毎日たくさんの患者さんが来られていますが、動き回る私たちに患者さんが

 優しい言葉を掛けてくれ感謝感謝です。

 辛そうに通われていた患者さんがどんどん足取り軽やかにリハビリに来られると本当に

 家族のことのように一緒に嬉しくなります。 

 来週からは寒波となりますので冷やして痛みが出ないよう気をつけてください

                                              医療補助  伊藤

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1576)

先日、頚椎椎間板ヘルニアで注射・内服・リハビリにて治療を行っている患者さんに、
「玄関のお花とても素敵ね。職員の方も、みなさん笑顔で本当に素敵な方ばかりね。今までは、痛くて痛くて、そんなところにも目がいかなかったんです。でも、今は痛みもとれてそう感じれるようになりました!」
と、ニコニコと素敵な笑顔でおっしゃって頂きました。

通院当初は、頚部痛・手の痛みがひどく、
「本当に、こんなにひどい痛みが取れる日が来るんかね?」
と、とても不安そうな表情で訴えられていたのが印象的な方だったので、この笑顔が見ることができ本当に嬉しく思いました。

医院長は診察で、「ヘルニアの患者さんの8割の方は手術をすることなく、保存的な治療(注射・リハビリ・内服)で症状が改善されています。」と説明されており、この方もその8割に入る方でした。

これからも患者さんが安心して治療を受けられるよう、この方のように笑顔の患者さんが増えるよう、頑張っていきたいと思いました。

看護師 西野

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1617)

槌指

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
admin 2012/1/20 23:13

 火曜日には、「槌指」という、指の先端の骨(末節骨)が骨折し、そのため、指先端の関節(DIP関節)が伸ばせなくなるという怪我の手術を行いました。手術は局所麻酔にて、1㎜程度のワイヤーを2本挿入する、「石黒法」という方法にて手術を行いました。約3週間後にワイヤーを抜去する予定です。

 

 この患者さんは、けがをして、2週間たってから当院に、「指の伸びない!!」と訴えられて来院されました。骨折は時間が経過すると、その治療がむずかhしくなりますし、またその成績も芳しくない結果になることもあります。単なる突き指、と自己判断されずに、整形外科を受診して頂きたいを願っております。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2139)

外側型腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリ : 
椎間板ヘルニア
執筆 : 
admin 2012/1/18 23:40

今日午後は脊椎手術日でした。1件は腰部脊柱管狭窄症、もう一件はタイトルにある外側型腰椎椎間板ヘルニア患者さんでした。

 

外側型腰椎椎間板ヘルニアとは、ヘルニア塊の脱出方向が、通常の後方(背中方向)とは違いって、外側方向(脇腹方向)に飛び出した病態を言います。腰椎椎間板ヘルニア全体の数%程度と、やや稀な病態です。このタイプのヘルニアは、神経が痛みを発しやすい部位(神経節)を圧迫するため、かなり疼痛が強くなります。

 

この病態に対して私は2003年に従来の方法と比較して極めて低侵襲に手術を行う方法を学会および論文で発表しています。

(藤田拓也, 他.外側型腰椎椎間板ヘルニアに対するMETRx Systemを用いたMicro Discectomy.第76回日本整形外科学会学術集会

藤田拓也, 他: 外側型腰椎椎間板ヘルニアに対するMETRx systemを用いたmicro discectomy. 臨整外 39:1557-1562, 2004)

 

今回は、顕微鏡のみを用いて1時間程度で手術を完遂しました。

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5964)
読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ