腰椎椎間板ヘルニアと癒着

腰椎椎間板ヘルニアと癒着

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2019/2/1 15:17

 

 先日のブログに書きましたが、腰椎委椎間板ヘルニアに対する手術の際に、ヘルニアが神経と癒着していることがあります。正確には、神経がヘルニア塊周囲の組織(椎間板線維輪、後縦靭帯など)と癒着しています。

 癒着とは、神経周囲に炎症が生じて、その周囲の組織と、言ってみれば、ぴったりとくっついてしまっている状態のことです。

 手術時には、この癒着を剥がして神経を数㎜程度、左右に動かす必要があるため、癒着を剥がす必要性が出てきます。

 再発ヘルニアに対する再手術時であれば必ず癒着はありますが、初回手術の時でも神経が癒着していることが極まれにあります。

 この癒着は、術者にとって非常に注意が必要であり、思わぬ落とし穴にはまることになりかねません。

 ほとんどの症例で手術顕微鏡を用いれば、神経の辺縁を認識しながら周囲組織との癒着は剥がすことが可能ですが、なんとか時間をかけて剥がそうとしても、どうしても剥がせないことがあります。これを無理に剥がすと、結果的に神経を傷つけることになりかねません。

 そこで、これ以上癒着を剥がすと危険、というぎりぎりのポイントを知り、これ以上は剥離は行わず、他の方法で神経に可動性を持たせるという、操作の切り替えのタイミングが非常に重要となります。このタイミングは経験でしか培われません。

 そのためにも、手術手技の向上には、一例一例の手術経験を、鮮明な記憶として頭に留めておく必要があります。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1159)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://fujitaseikei.jp/modules/blog/tb.php/1057
2018-2019 Best Doctors in japan election
読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ