• カテゴリ 手術日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

手術日記カテゴリのエントリ

腰椎椎間板ヘルニアと癒着

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2019/2/1 15:17

 

 先日のブログに書きましたが、腰椎委椎間板ヘルニアに対する手術の際に、ヘルニアが神経と癒着していることがあります。正確には、神経がヘルニア塊周囲の組織(椎間板線維輪、後縦靭帯など)と癒着しています。

 癒着とは、神経周囲に炎症が生じて、その周囲の組織と、言ってみれば、ぴったりとくっついてしまっている状態のことです。

 手術時には、この癒着を剥がして神経を数㎜程度、左右に動かす必要があるため、癒着を剥がす必要性が出てきます。

 再発ヘルニアに対する再手術時であれば必ず癒着はありますが、初回手術の時でも神経が癒着していることが極まれにあります。

 この癒着は、術者にとって非常に注意が必要であり、思わぬ落とし穴にはまることになりかねません。

 ほとんどの症例で手術顕微鏡を用いれば、神経の辺縁を認識しながら周囲組織との癒着は剥がすことが可能ですが、なんとか時間をかけて剥がそうとしても、どうしても剥がせないことがあります。これを無理に剥がすと、結果的に神経を傷つけることになりかねません。

 そこで、これ以上癒着を剥がすと危険、というぎりぎりのポイントを知り、これ以上は剥離は行わず、他の方法で神経に可動性を持たせるという、操作の切り替えのタイミングが非常に重要となります。このタイミングは経験でしか培われません。

 そのためにも、手術手技の向上には、一例一例の手術経験を、鮮明な記憶として頭に留めておく必要があります。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (49)

 

 先週金曜日は、かなり忙しい一日となりました。午前中の外来後に、午後から3件の脊椎手術を行いました。

 

 1例目は、第4/5腰椎の腰部脊柱管狭窄症の患者さんで、顕微鏡を使用し除圧術を施行しました。

 

 2例目は、第3/4腰椎の椎間板ヘルニアに第4/5腰椎の腰部脊柱管狭窄症を合併している高齢の患者さんでした。この患者さんは、我慢強い性格で長期間痛みを我慢していたこともあって、術前CTにて腰椎椎間板ヘルニアの一部が骨化していることが判明しました。こういう場合には、腰神経とヘルニア塊がある程度癒着していることが多く、それを念頭においての手術でした。しかし、実際手術を施行してみると、予想をはるかに上回る神経と骨化したヘルニアとの癒着がありました。不用意に癒着をはがすと神経を傷つけてしまうこともあるため、手術顕微鏡の倍率を最大限に上げて、慎重に慎重に骨化病巣と神経との癒着をはがす操作を繰り返しました。そしてとうとう最終的に、骨化病巣とヘルニア塊を完全に摘出できました。神経の癒着剥離には、慎重な手術操作と、その操作にコツがあります。それを最大限発揮できた手術でした。

 

3例目はまた後日報告します。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (60)

再発性腰椎椎間板ヘルニアの手術

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2018/11/28 16:07

 久しぶりに手術日記を更新します。

 

 今年の夏ごろは、以前 当院もしくは他院で手術を行った腰椎椎間板ヘルニアの患者さんが、残念ながら再発し、なかなか投薬や注射などでも改善せず、やむなく再手術を行った患者さんが数人おられました。

 

 腰椎椎間板ヘルニアの手術後再発は、一定の頻度で発生します。これは初回手術が不適切であったということでは全くなく、椎間板の変性(加齢など)の程度によるものが一番の原因と思われます。文献的には再手術の頻度は5年間で28%と報告されています。この頻度は、手術以外の治療の再発率よりは低いことから、手術をもってしても、椎間板ヘルニアの再発はゼロにはできないと考えたほうが良いと思います。

 

 椎間板ヘルニア再発に対する手術は、初回手術と比較して難易度がぐっと上がります。初回手術のあとは、瘢痕組織という固い線維性の組織が一面を覆っており、神経もこの瘢痕組織に埋もれているため、なかなか神経を見つけ出すことが困難になります。手術顕微鏡を用いて、丁寧にかつ慎重に瘢痕組織に埋もれている神経を同定して、慎重にその神経をよけながら再発性椎間板ヘルニアを除去するという操作が必要です。これらの操作を安全に行うには前述のように手術顕微鏡は必須であり、明るく拡大した手術視野が得られれば、それほど困難な手術ではないと言えます。とうは言うものの、初回手術と比較すると、約2倍程度の時間がかかります。

 

 椎間板ヘルニアは手術治療や、それ以外の治療ともに再発の可能性があることを知っていただきたいと思います。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (205)

 

  先月はお盆休みもあって手術日が少なめでしたが、脊椎手術を13件に人工関節手術3件を行いました。

 

 脊椎手術の内訳は、椎椎間板ヘルニアに対する顕微鏡視下ヘルニア摘出術もしくは内視鏡視下ヘルニア摘出術が8件、腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下開窓術が3件、腰椎椎間関節嚢腫に対する摘出術が1件、骨粗鬆症に伴う腰椎圧迫骨折に対する経皮的後弯矯正術が1件でした。

 

 最近、再発性腰椎椎間板ヘルニアに対する手術が立て続けに3件ありました。再発に対する手術は、その難易度も上がり、手術時間も時には2時間近くかかることがあります。その理由については近日中のブログで腰椎椎間板ヘルニアの再発に対するコメントを記載しようと思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (299)

今年になってからの脊椎手術53件

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2018/5/13 20:02

 GWも終わり、藤クリも、通常の外来に戻りつつあります。

 

 この週末に、今年になってからの1月から4月までの4か月間の脊椎手術件数を調べてみました。

 

 その結果、53例の脊椎手術を行なっていました。その内訳は、腰部脊柱管狭窄症が18例、腰椎椎間板ヘルニアが24例、外側型腰椎椎間板ヘルニアが3例、腰椎すべり症が1例、胸腰椎圧迫骨折が6例、頚椎症性脊髄症が1例でした。

 

 どの患者さんも術後の経過は順調で、現在は、元気に藤クリ外来に定期検診やリハビリ目的に通われています。げらげら

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (333)

 昨年の手術実績の集計をこの週末に行いました。

 

 その結果、2017年は、合計 176例 の脊椎手術を行わせて頂きました。べー

 

 また人工関節手術も木島病院の北岡先生と共に21例行わせて頂きました。

 

 どの患者さんにも、術前には丁寧な手術説明に心掛け、またその手術は、一切妥協せずに、私自身が心の底から納得できるまで、貫徹いたしました。

 

 さらに術後も、手術患者さんのより早期の社会復帰のために、当院のリハビリスタッフが、全身全霊で、一生懸命にリハビリに取り組んでくれました。

 

 今年も、一人一人、丁寧に診察し、その患者さんにとって一番ベストの治療を藤クリスタッフの共に行っていきたいと思っています。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (522)

 今年は藤クリのお盆休みを連続6日間取らせて頂きました。院長はじめ職員一同、心と体を完全にリフレッシュして、明日17日から、また精一杯頑張ろうと思っています。げらげら

 

 7月の全身麻酔手術は、脊椎手術が13件、人工関節手術が3件、日帰り手術が6件ありました。

 

 脊椎手術の内訳は腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡下除圧術が5件、腰椎椎間板ヘルニアに対する、(内視鏡併用)顕微鏡下摘出術が7件、骨粗しょう症性圧迫骨折に対する経皮的後弯矯正術が1件でした。

 椎間板ヘルニアに罹られた30歳代女性の方は、激痛のた診察室には車いすに乗って入ってこられました。夜も寝られないようだったので、手術予約を無理にねじ込んで、準緊急での内視鏡下ヘルニア摘出術を施行しました。術後、劇的に痛みから解放され、大変喜んで頂きました。

 

 日帰り手術は手根管症候群が2例ありました。手の手掌側のしびれ感を長年訴えておらて、他院では頚椎由来であろうと、特に治療は受けていなかったようです。この手術は日帰りで数分程度で終わりますので、診断さえ的確に行えば、かなり患者さんは満足される手術です。このような症状で悩んでおられる方は当院にご来院ください。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (780)

GW・・・スタッフのつぶやき

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2017/5/6 18:22


最近、徐々に暑くなってきましたね。
今年のゴールデンウィークはもう終わりに近いですね。

私は、今回ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました
日帰りだったので朝は始発、帰りは終電に乗って1日楽しんできました!

やっぱりゴールデンウィークともあって、沢山の人がいて
あまりアトラクションとかには乗れなかったのですが

好きなキャラクターのお土産やショーなど見れて良かったです!

また今度時間がある時に行きたいと思います

柔道整復師 高松

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (610)

3月の手術:脊椎手術15件 その他3件

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2017/4/23 22:10

 春爛漫ですね~。先週末の夜、自宅を出て、兼六園界隈までランニングしました。ライトアップされた満開の桜並木の小道に、桜の花びらがひらひらと舞い落ちる様は、まさに幻想的であり、時が止まっているかのような錯覚に陥りました。また城址公園内の桜も、また見事で、満開の桜がお堀の水に反射し映し出されていることで、空間全体が桜に染まったかのような映像をみることができました。

 

 話は変わりますが、3月も一生懸命に患者さんの痛みを取ることに精進しました。

手術は脊椎手術が15件、関節手術が3件行いました。脊椎手術の内訳は、腰椎椎間板ヘルニア手術が7件、外側型腰椎椎間板ヘルニア手術が1件、腰部脊柱管狭窄症手術が6件、経皮的後弯矯正術が1件でした。

 4月も精一杯頑張ります。

 

 先週から、今年の金沢マラソンのエントリーが開始されました。藤田整形外科でも、「チーム藤クリ」とのチーム名で、マラソン部を結成しました。私は、第1回の金沢マラソンで3時間56分と、ぎりぎりの4時間切りでしたので、今回は余裕を持って4時間を切りたいと思っています。頑張りぞ~~。()

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (698)

昨年の脊椎手術:140件

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2017/1/9 22:19

 明けましておめでとうございます。2017年酉年になりました。今年も藤田整形外科を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 昨年の手術件数を先週、集計したところ、脊椎手術は140行わせていただきました。例年よりやや手術件数が減少していますが、その分、難治例の手術など手術時間が長い症例が多かったような気がします。

 疾患名も非常に多岐にわたり、以下に列挙すると、

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間孔狭窄、外側型腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間関節嚢腫、胸椎黄色靭帯骨化症、胸椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆性脊椎圧迫骨折、頚椎症性脊髄神経根症、頸椎後縦靭帯骨化症、などなどです。

 

私は常日頃、患者さんの治療方針で迷ったときには、「自分の肉親だったらどう治療するか?」と、患者さんを自分の肉親に置き換えてみて考え、その時導き出された治療を、実践するように心がけています。この考えは、藤田整形外科スタッフ全員に、機会があるごとに、伝えており、スタッフ一人一人が実践している、いわば藤田整形外科の行動規範みたいなものになっています。

 

今年も、藤田整形外科は、私をはじめ、スタッフ全員が、来院された患者さんの苦痛を取り除くべく、精一杯、頑張っていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (843)
2018-2019 Best Doctors in japan election
読売新聞掲載

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ