最新エントリー

 

 先週は4件の脊椎手術を施行させて頂きました。

 

 腰部脊柱管狭窄症に対して顕微鏡視下除圧術を2例、下肢筋力低下を来した腰椎椎間板ヘルニア症例に対する顕微鏡視下ヘルニア摘出術1例、腰椎椎間板ヘルニアに対するヘルニア溶解術(ヘルニコア注入)1例でした。

 

 

 どの手術も全く問題なく、術前計画通りの手術を完遂できました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (203)

  8月に入り、お盆の時期がやって来ました。

今年は色々と自粛生活が続く中で、我が家ではお盆も親族の集まりや

帰省等はしない事になりました。

お墓参りだけは、母と一緒に行く事になりましたが、毎年大勢で楽しく

過ごしていたので、本当に残念です。

せめて美味しい物をたくさん食べて、このお盆を過ごしたいと思います。

 

 

                       医療補助  橘

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (163)

 

今日で7月も最後の日となりました。

本来であれば今頃は東京五輪で大にぎわい!のところでしたが、新型コロナの影響は凄まじいですね。ましてや今年は長い梅雨にも見舞われ、各地では豪雨災害の憂き目にもあい大変な7月でした。

 

そんなつらい7月でしたが、今日という日をどれだけ待ちわびたか・・・

少しの贅沢をするため、お仕事を終えてとある場所へ足を運ぶのでした。

 

放射線技師  川村

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (199)

 

 先日、競泳の池江璃花子さんが、国立競技場から五輪1年前メッセージを発信

しているテレビを見ました。

聖火のランタンを掲げ、凛とした立ち姿で話している彼女には、心打たれました。

どうか競技に戻ってこれますように。

 

一年後、世の中がどうなっているかわかりませんが、もしオリンピックが開催されたなら、

テレビの前で声援を送りたいと思います。

                                            医療補助  佐竹

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (223)

腰椎椎間板ヘルニアを注射で治す

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2020/7/17 22:20

 

 一昨日は、腰椎椎間板ヘルニアに対して、ヘルニアを溶かす注射液「ヘルニコア」という薬剤を、直接腰椎椎間板に刺入する手術を施行しました。

 

 この手術は局所麻酔下に行い、だいたい10分程度で手術は終了します。非常に侵襲が少ないことから、適応があれば、考慮すべき治療と思います。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (330)

 

 今日、午後からの手術は、腰部脊柱管狭窄症に対して顕微鏡視下での片側進入両側除圧術と腰椎椎間関節嚢腫に対して嚢腫摘出術の2例を行いました。

 

 顕微鏡視下片側進入両側除圧術は、このホームページの最小侵襲脊椎手術の項目で、その手技の詳細を図示して説明していまので参考にしてください。

 

 どちらの手術も全く問題なく、術前計画通りの手術を完遂できました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (325)

お墓参り

カテゴリ : 
スタッフのつぶやき
執筆 : 
admin 2020/7/12 21:49

今日は、主人の方のお墓参りに行ってきました。

 

家族6人、部活や習い事が終わり午後からみんなで行きました。

子どもが成長するに連れ時間が合わなくなってしまいます。

けれど、これからも毎年家族揃って行きたいと思います。

 

家族6人で元気にお墓参りができることが何より幸せなことだと

かんじました。

 

会ったことない主人のおじいちゃんおばあちゃんもきっとそれを1番望んでいるんじゃないのかなーと思います。

 

看護師  東崎

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (269)

本日の手術:外側型腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリ : 
手術日記
執筆 : 
admin 2020/7/10 21:37

 

 本日の手術は、外側型腰椎椎間板ヘルニアの手術でした。この患者さんは下肢の激痛が続き、最近では夜も眠れないような日々を送っておられました。

 

 手術顕微鏡を用いて、腰椎外側部に到達しましたが、腰椎の増殖性変化(加齢変化)が非常に強く、通常の腰椎の輪郭が全く変化しておりました。そのため、腰神経やヘルニアを露出するための解剖学的ポイント(道しるべ)が全く分からず、かなり手術に難渋しました。しかし、丁寧に少しずつ、慎重に剥離を進めると、外側型椎間板ヘルニアに非常に強く押しつぶされた第4腰神経を同定できました。

 

 ヘルニアを注意深く摘出すると、腰神経は完全に元通りの状態になりました。

 

 かなりの症例の外側型椎間板ヘルニアを手術しましたが、一例一例、顕微鏡を通して見える手術野は全く違うものだと痛感しました。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (369)

 

なんとなく体が重い、ジメジメした日々が続きますね・・・。

幸いにも、新型コロナウイルスの県内感染者はしばらくでていませんが、

心配される第2波を考慮し、学校イベントだけでなく習い事などの発表会も延期や変更等影響が出ています。

目標に頑張ってきたゴールが不確かなものになると、モチベーションを保つのがこんなにも

難しいものなのだと感じました。

ただ、こういう状況で気持ちを立て直す経験として考えるとよかったかもしれませんにっこり

ゴールまでの過程を柔軟に楽しめる子になっていってほしいものです。

 

   理学療法士   長谷朱里

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (317)
毎年梅雨の時期になると思うのですがなぜ雨が降るこの時をつゆというのかと

 

調べてみると梅が熟すのがこの時期という説やカビが生えやすい時期の意味もいうそうです。

 

早く梅雨が終わって夏が始まって欲しいなと思いますが次は猛暑という言葉がニュースで続くのも嫌ですね。

すごしやすい気候の秋が待ち遠しいなと雨空を見ながら思います。

 

柔道整復師 松下征史

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (356)
2020-2021 Best Doctors in japan election

掲載メディア一覧

木島病院のサイトへはこちらから

病院・医院検索のマイクリニック

関連リンク

> 腰痛ナビ

> よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

> 病院・医院検索のマ イクリニック

> 現代腰痛事情

> 脊椎手術ドットコム


TOPページへ